UA-56837630-1

石州カワカミ窯業


試験データ
をみる

 
 
 

【強い】が強味!石州カワカミ瓦

結果に自信あり!
石州カワカミは試験データを公表しています。
 

 

【曲げ破壊強度】とは瓦の表面に局部的に大きな荷重をかけて測定、
衝撃の強さの目安となる試験です。
その他、屋根材の強さを測る試験として、【吸水試験】【凍害試験】【引張試験】等があります。

 

曲げ破壊強度試験 ・衝撃の強さの目安(基準1500N以上)
吸水試験 ・・・・・遮水性の目安(基準12%以下)
引張試験 ・・・・・耐風性(剝れにくさ)の目安
凍害試験 ・・・・・耐凍性・不凍性の目安

曲げ破壊強度試験 ・衝撃の強さの目安(基準1500N以上)

石州瓦 四天王 曲げ破壊強度試験

曲げ破壊強度試験 ・衝撃の強さの目安(基準1500N以上)

製 品 名
四天王
里山ぱれっと
アルテF クエスト ウルトラ
クエスト
  53B和形 40F形 40F形 40F形
曲げ破壊荷重  3362N  2135N 2553N  2550N
JIS規格  1500N以上    

吸水試験 ・遮水性の目安(JIS規格12%以下)

製 品 名
四天王
里山ぱれっと
アルテF クエスト ウルトラ
クエスト
  53B和形 40F形 40F形 40F形
吸水率  4.08%  4.80% 4.32%  4.61%
JIS規格  12%以下    

引張試験 ・・・・・耐風性(剝れにくさ)の目安

製 品 名
四天王
里山ぱれっと
アルテF クエスト ウルトラ
クエスト
  53B和形 40F形 40F形 40F形
結果  合 格

凍害試験 ・・・・・耐凍性・不凍性の目安

製 品 名
四天王
里山ぱれっと
アルテF クエスト ウルトラ
クエスト
  53B和形 40F形 40F形 40F形
観 察 瓦に、ひび割れ、はく離等の異常は認められなかった。

試験機関:島根県産業技術センター

 

試験成績書PDF

【曲破壊強度試験・吸水試験・引っ張り試験・凍害試験】

  1. 防災和形【四天王】siken_shiten.pdf
  2. 防災平板形【アルテF】siken_arte.pdf
  3. 防災平板形【クエスト】shiken_kuest.pdf
  4. 防災平板形【ウルトラクエスト】shiken_urutora.pdf

強風をともなう雨に対する検証!

送風散水試験


試験機関:㈠建材試験センター(東京都中央区日本橋)
台風などの強風を伴う雨に備える試験。送風機で横風をふきつけます。

試験体の裏側に出た水滴を集めます。

他社:緩勾配瓦との比較試験の結果

試験条件
風速   15.1m/s
散水量  144㎜/h
屋根勾配 3.0/10
 参考:屋根葺材の水密区分の判定基準の分類

判定基準 屋根葺材の水密区分
水漏れがないこと
強風雨浸水量が10ml/分以下 Ⅱ-1
強風雨浸水量が100ml/分以下 Ⅱ-2
強風雨浸水量が100ml/分以上 Ⅱ-3

日本海の塩分を含む強風に勝つ瓦!

江戸時代から続く石州瓦の家並み

 
 

山陰の自然豊かな景色に彩りを添えてきた赤瓦。江戸時代には来待石という石から作った釉薬をかけ、初期のいぶし瓦から、さらに強度の高い瓦へと発展させてきました。木々や山並みの緑、そして日本海の青い海に映える石州瓦は昨今人気がでてきています。

塩害試験

もともと石州瓦は寒さに強いという評判によって寒い地方や山間部に普及しましたが、最近沖縄など暖かいところでも石州瓦が施工されています。その理由は「塩害に強い」という期待感からです。上記の写真を比較して見てください。石州瓦の優れた対塩性能が公的検証機関による実験で究明、見事にその強さを実証しました。
 

塩害試験機関:島根県産業技術センター
オーストラリア/ニュージーランド規格AS/NZ4456の方法を適用。瓦を硫酸ナトリウム水溶液中へ浸漬し、その後乾燥させる操作を1サイクルとし、これを40回繰り返す試験で、瓦の素地への影響を測定しました。写真はその影響を表したものです。

日本海の塩分を含む強風に勝つ瓦!

江戸時代から続く石州瓦の家並み

 
 

山陰の自然豊かな景色に彩りを添えてきた赤瓦。江戸時代には来待石という石から作った釉薬をかけ、初期のいぶし瓦から、さらに強度の高い瓦へと発展させてきました。木々や山並みの緑、そして日本海の青い海に映える石州瓦は昨今人気がでてきています。

塩害試験

もともと石州瓦は寒さに強いという評判によって寒い地方や山間部に普及しましたが、最近沖縄など暖かいところでも石州瓦が施工されています。その理由は「塩害に強い」という期待感からです。上記の写真を比較して見てください。石州瓦の優れた対塩性能が公的検証機関による実験で究明、見事にその強さを実証しました。
 

塩害試験機関:島根県産業技術センター
オーストラリア/ニュージーランド規格AS/NZ4456の方法を適用。瓦を硫酸ナトリウム水溶液中へ浸漬し、その後乾燥させる操作を1サイクルとし、これを40回繰り返す試験で、瓦の素地への影響を測定しました。写真はその影響を表したものです。

UA-56837630-1